現場状況で探す
建物分類で探す
検索結果 : 20件
  • サザナ
    331,560円~(税別)
    【TOTO「サザナ HSシリーズ」について】■商品特徴(メリット) ・TOTOのロングセラーバスでお客様に支持されています。 ・2019年2月のリニューアルで、床ワイパー洗浄のオプションが選べるようになり更にお掃除らくらくになりました!  床表面がコーティングされているから強めのシャワーだけで、汚れが落ちます。 ・標準選択でたくさんの浴槽のカタチから選べます。 ・オプションもたくさんあるので自分仕様が可能。 ■デメリット ・魔法びん浴槽を前に出していますが、今では保温浴槽・床などはどのメーカーにもある ・水栓の品質は他社より優れているが、それを加味してもコストが高いかな・・・■比較商品 ・この商品ページで他商品と価格比較しておりますが、  この商品はFRP浴槽の他商品と比較するなら  タカラ「ミーナ」、リクシル「リデア」。 ・トータルコストパフォーマンスならパナソニック「オフローラ」。
  • フェリテ
    334,400円~(税別)
    【ハウステック「フェリテ」について】■商品特徴(メリット) ・コスパ商品です。クリア表層ポリ人大浴槽の中では最安。 ・コーキングを使用しない乾式目地「クリンジョイント」や「クリン軟水」でカビ対策に優れています。 ■商品デメリット ・ハウステックというブランド名が弱い。 ・品質は元HITACHIなので目立たない部分を大事にしてます。 ■比較商品 ・商品ページの仕様を選択すると連動して比較商品(同サイズ・同基本仕様)が  表示されますので、ご参考にして下さい。
  • リデア
    347,000円~(税別)
    【リクシル「リデア」について】■商品特徴(メリット) ・LIXILの売れ筋ユニットバス「アライズ」の後継機種。 ・1200ロング浴槽は業界最大クラスの広さを誇るゆったり浴槽でオススメ。 ・標準選択でたくさんの浴槽のカタチから選べます。 ・オプションもたくさんあるので自分仕様が可能。■デメリット ・標準浴槽素材がFRP。せめてアクリル表層のポリ人大じゃないと。  最初の安さ(FRP)で比較してしまう。少し表現がズルイ感じがします。  この価格帯なら全部アクリル素材で良いと思うのですが・・・■比較商品 ・メーカー的にはTOTO「サザナ(FRP浴槽)」を意識している感じですね。 ・同グレードの品質で選ぶならタカラ「レラージュ」・クリナップ「ユアシス」 ・トータルコストパフォーマンスならパナソニック「オフローラ」。
  • ユアシス
    369,824円~(税別)
    【クリナップ「ユアシス」について】■商品特徴(メリット) ・機能は十分な流行を追わないスタンダードデザイン。 ・スタイルプランを選べばスタイルシェルフ(小物を置く棚)が充実。大家族向けのプランです。 ・標準選択でたくさんの浴槽のカタチから選べます。 ・オプションもたくさんあるので自分仕様が可能。■仕様決定される場合の目安に ・選択グレード = スタンダードプラン(アクリル浴槽) ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・手すり  (後から付けれない)            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■クリナップ「ユアシス」の商品デメリット ・標準浴槽素材がFRPなのでしっかり見ないと他社製品比較しにくい。  最初の安さ(FRP)で比較してしまう。少し表現がズルイ感じがします。  この価格帯なら全部アクリル素材で良い思うのですが・・・ ・ですが、実際に購入される方の多くはスタンダードプラン(アクリル浴槽)が  多いので、そう考えると商品的なデメリットは見当たらない。■比較商品 ・この商品ページで他商品と価格比較しておりますが、  この商品はスタンダードプラン(アクリル浴槽で他の商品と比較すべき。  メーカー的にはTOTO「サザナ」、リクシル「リデア」を意識している感じですね。 ・同グレードの品質で選ぶならタカラ「レラージュ」・トータルコストパフォーマンスならパナソニック「オフローラ」。
  • エブリィ
    403,035円~(税別)
    【トクラス「エブリィ」について】■商品特徴(メリット) ・独特の流線型デザインにより、浴室内が通常より広く使えます。 ・入浴スタイルにあわせて3つのプランから選べます。  基本プランを選び、お好みのオプションで自分仕様にしていくユニットバスシリーズ。■仕様決定される場合の目安に ・選択グレード = カウンタータイプ。 ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・手すり  (後から付けれない)            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■商品デメリット ・トクラス(旧ヤマハ)のイメージはアクリル人大なので、  お風呂も同様かと思われがちですがアクリル表層のポリ人大です。  上記は、日常で使う分には影響しませんので、デメリットはありません。 ・トクラスならではの、標準仕様でのスピーカーはついていません。  オプションで追加設置となります。■比較商品 ・商品ページの仕様を選択すると連動して比較商品(同サイズ・同基本仕様)が  表示されますので、ご参考にして下さい。
  • オフローラ
    439,565円~(税別)
    【パナソニック「オフローラ」について】■商品特徴(メリット) ・パナソニックの売れ筋ユニットバス。 ・2017年6月リニューアル。風呂掃除がラクになる標準仕様が充実しています。 ・天然石風の人大浴槽と人気の美泡湯(オプション)が設置可能。 ・デザイン・照明もハイクラス商品の「Lクラス」並みに上質。 ・トータルコストパフォーマンスが高い。 ■仕様決定される場合の目安に ・選択グレード = アクアマーブル浴槽・保温浴槽・壁断熱がオススメ。 ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・手すり  (後から付けれない)            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■パナソニック「オフローラ」のデメリット ・見当たりません ■比較商品 ・デザイン品質で選ぶならリクシル「リデア」 ・アクリル浴槽で選ぶなら、タカラ「レラージュ」、クリナップ「ユアシス」
  • ユーノ(Base)
    509,235円~(税別)
    【トクラス「ユーノ(Base)」について】■商品特徴(メリット) ・浴槽・床・壁パネル・ドア・ミラーの全てに防汚れ加工されている。 ・バスタブは2つのプラン(ブロッコ・エルゴ)からお選びいただけます ・浴槽まるごと断熱付 ・音響スピーカーが標準装備なのでオプションなしで、わが家にいながらリゾート感溢れるリラックススペースを楽しめます。 ■仕様決定される場合の目安に ・選択グレード = Baseタイプを選ばれる方が多いです。 ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・手すり  (後から付けれない)            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■商品デメリット ・トクラス(旧ヤマハ)のイメージはアクリル人大なので、  お風呂も同様かと思われがちですがアクリル表層のポリ人大です。  上記は、日常で使う分には影響しませんので、デメリットはありません。 ■比較商品 ・商品ページの仕様を選択すると連動して比較商品(同サイズ・同基本仕様)が  表示されますので、ご参考にして下さい。
  • フェリテプラス
    553,520円~(税別)
    【ハステック「フェリテプラス」のについて】■商品特徴(メリット) ・2018年4月 リニューアルされたフェリテプラス。  標準浴槽の「コレンテ」は、またぎ高さが業界最小の39センチで、浴槽内と洗い場の段差がゼロ。  ご高齢の方も安心して入りやすい新しい形状の浴槽です。 ・コーキングを使用しない乾式目地「クリンジョイント」や「クリン軟水」でカビ対策に優れています。 ・透明感のある浴槽は高級感がありますね。■商品デメリット ・ハウステックというブランド名が弱い。 ・品質は元HITACHIなので目立たない部分を大事にしてます。 ■比較商品 ・商品ページの仕様を選択すると連動して比較商品(同サイズ・同基本仕様)が  表示されますので、ご参考にして下さい。
  • グランスパ
    597,320円~(税別)
    【タカラスタンダード「グランスパ」について】■商品特徴(メリット) ・特徴は表面硬度9H(FRPで3H)のアクリル人大浴槽。  ベース材からアクリルを使用している浴槽は少ない中では高級です  (他社メーカーは表層のみアクリルでベース材はポリやFRPになっています) ・浴室パネルもホーローなので、お掃除が楽(金タワシで擦っても傷一つつきません)。 ・浴室全体が耐震構造で、震度6まで耐えられます(他社に耐震バスはありません)。 ・品質が良いのでタカラで1番に売れてます。■仕様決定される場合の目安に ・標準仕様   = アクリル浴槽断熱・パーフェクト保温・耐震構造・           ホーロー壁パネルなど十分な装備です。 ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・手すり  (後から付けれない)            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■商品デメリット ・床の磁気タイルは保温力は高いですが冬場の入浴時には、  お湯をかけないと冷たいです。 ・耐震構造なので、他社商品と単純な価格比較ができない。 ・商品値引きが少ない(売価では他社同価格帯になる)。■比較商品 ・クリナップ「アクリアバス」と「ユアシスの上位グレード」 ・パナソニック「Lクラス・リフォムス」と「オフローラの上位グレード」 ・デザイン品質で選ぶならタカラスタンダードは弱いですかね。  アクリアバスのデザインは男性的であり、手すりがデザインに溶け込んでます。 ・コストを含めたトータル品質ではオフローラの上位機種がオススメかな?
  • グランスパ マンション...
    621,072円~(税別)
    【タカラスタンダード「グランスパ マンション用」について】■商品特徴(メリット) ・特殊サイズのマンションリフォームの際に採用されるユニットバスです。  細かなサイズ変更のできる品はこの商品の最大のメリットです。 ・特徴は表面硬度9H(FRPで3H)のアクリル人大浴槽。  ベース材からアクリルを使用している浴槽は少ない中では高級です  (他社メーカーは表層のみアクリルでベース材はポリやFRPになっています) ・浴室パネルもホーローなので、お掃除が楽(金タワシで擦っても傷一つつきません)。■商品デメリット ・規格サイズに合う方からは選ばれないので、  特殊サイズを無駄なく広くしたい方が選ばれるのでデメリットは無いです。■比較商品 ・規格サイズの価格で販売価格を設定してますが、  この商品は特殊サイズの方(寸法が合わなくて1サイズ小さくなるのが嫌)の  マンションリフォームユニットバスですので厳密には比較商品はないです。
  • スパージュ
    665,360円~(税別)
    【リクシル「スパージュ」について】■商品特徴(メリット) ・滝が流れる機能があるラグジュアリーバス。 ・洗練されたデザインで、一目惚れしそうになる。 ・機能がたくさん、オプションもたくさんあるので自分仕様が可能。■仕様決定される場合の目安に ・選択グレード = CX・CZでラグジュアリー感たっぷり ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・手すり  (後から付けれない)            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■商品デメリット ・浴槽がアクリル表層のポリ人大。表面に高度とツヤを出すためにアクリル。  この価格帯なら全部アクリルで良い思うのですが・・・ ・色々選ぶとえげつない金額になるのでご注意下さい。 ・現実的に「贅沢・ゆとり」が前に出てるので富裕層かシニア世代向けですね。■比較商品 ・この商品ページで他商品と価格比較しておりますが、  この商品は品質よりも、機能とデザインが優れていますので、  メーカー的にはTOTO「シンラ」を意識している感じですね。  (浴槽も同じポリ人材がベースのアクリル表層ですしね) ・機能は劣りますが、品質で参戦するとクリナップ「アクリアバス」   パナソニック「Lクラス・リフォムス」でしょう。
  • アクリアバス
    723,176円~(税別)
    【クリナップ「アクリアバス」について】■商品特徴(メリット) ・特徴は全てアクリル樹脂のバスタブ。   ベース材からアクリルを使用している浴槽は少ない中では高級です。  (他社メーカーは表層のみアクリルでベース材はポリやFRPになっています) ・カビが発生するコーキングではなく、パッキンなので、キレイ長持ち。■仕様決定される場合の目安に ・標準仕様   = ほとんどの機能が標準仕様(手すりも付いてます)なので安心価格。 ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■商品デメリット ・品質とデザインと性能のバランスが良いのでデメリットは無い。  あえて言うなら、浴槽が変形しているので一般的な風呂フタは使えない。■比較商品 ・品質で選ぶならタカラ「プレデンシア」 ・アクリル浴槽で選ぶなら、タカラ「レラージュ」  パナソニック「Lクラス・リフォムス」 ・デザインで選ぶならリクシル「スパージュ」、TOTO「シンラ」
  • シンラ
    764,480円~(税別)
    【TOTO「シンラ」について】■商品特徴(メリット) ・TOTOの最高級ラグジュアリーバス。 ・ホテルのバスルームのようで、一目惚れしそうになる。 ・独自のファーストクラス浴槽には肩と腰に水流があたる「楽湯(らくゆ)」が標準装備。浴槽から肩に流れる水流を装備したバスは今までLIXIL「スパージュ」のみだったが、TOTOは同時に腰にも水流があたるので、身体全体しっかりあたたまる。■仕様決定される場合の目安に ・選択グレード = Rタイプでラグジュアリー感たっぷり ・オプション  = 標準仕様で十分豪華(手すりまで標準です)が加えるなら、            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■商品デメリット ・浴槽がアクリル表層のポリ人大なのに高い。割高感はあります。 ・色々選ぶとえげつない金額になるのでご注意下さい。■比較商品 ・この商品ページで他商品と価格比較しておりますが、  この商品は品質よりも、機能とデザインが優れていますので、  メーカー的にはリクシル「スパージュ」との比較されるのが良いと思います。 ・品質で比較するとクリナップ「アクリアバス」、タカラ「プレデンシア」  パナソニック「Lクラス」・リフォムス」の方が割安感があります。  ただ、TOTOの水栓品質は一流です。
  • リフォムス
    781,980円~(税別)
    【パナソニック「リフォムス」について】■商品特徴(メリット) ・シニア世代のリフォーム向けラグジュアリーバス。 ・施工性に優れているので短期間施工で工事中のストレスが少ない。 ・デザイン・構造・性能・施工性どれをとっても高得点。 ・一見、価格が高いように見えますが、標準装備が充実してますので、  ある意味でシニア世代には親切な設定かもしれません。■仕様決定される場合の目安に ・選択グレード = 「ベースプラン」でも十分な標準装備(手すりも付いてます) ・オプション  = 追加で装備を検討するなら           ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■デメリット ・無いですね。 ・ただ、それでも高いので、やはり富裕層やシニア世代のリフォーム向けですね。  マンションリフォームの方は「リフォムス マンション用」をお選び下さい。■比較商品 ・品質で選ぶならタカラ「プレデンシア」、クリナップ「アクリアバス」 ・デザインで選ぶならリクシル「スパージュ」、TOTO「シンラ」
  • ユーノ(COMFORT...
    807,035円~(税別)
    【トクラス「ユーノ(COMFORT LIFE)」について】■商品特徴(メリット) ・バスタブは2つのプラン(ブロッコ・エルゴ)からお選びいただけます ・浴槽まるごと断熱付 ・音響スピーカー・光の演出「調色ダウンライト」が標準装備。わが家にいながらリゾート感溢れるリラックススペースを楽しめます。■仕様決定される場合の目安に ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・手すり  (後から付けれない)            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■商品デメリット ・トクラス(旧ヤマハ)のイメージはアクリル人大なので、  お風呂も同様かと思われがちですがアクリル表層のポリ人大です。  上記は、日常で使う分には影響しませんので、デメリットはありません。 ■比較商品 ・商品ページの仕様を選択すると連動して比較商品(同サイズ・同基本仕様)が  表示されますので、ご参考にして下さい。
  • BEVAS(ビバス)
    819,352円~(税別)
    【パナソニック「BEVAS(ビバス)」について】■商品特徴(メリット) ・2022年夏発売のラグジュアリーバス。いろんな浴槽の形から選べます。 ・スゴピカシェルフ水栓など、スタイリッシュでスマートな印象の設備です。 ・風呂掃除がラクになる標準仕様が充実しています。 ・人気の美泡湯(オプション)が設置可能。■仕様決定される場合の目安に ・選択グレード = 「ベースプラン」でも十分な標準装備 ・オプション  = 追加で装備を検討するなら           ・手すり  (後から付けれない)           ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)           ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)           ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます)■デメリット ・無いですね。 ・ただ、それでも高いので、やはり富裕層やシニア世代のリフォーム向けですね。■比較商品 ・品質で選ぶならタカラ「プレデンシア」、クリナップ「アクリアバス」 ・デザインで選ぶならリクシル「スパージュ」、TOTO「シンラ」
  • プレデンシア
    928,240円~(税別)
    【タカラスタンダード「プレデンシア」について】■商品特徴(メリット) ・際立った特徴は鋳物ホーローの浴槽 ・浴室パネルもホーローなので、お掃除が楽(金タワシで擦っても傷一つつきません)。 ・浴室全体が耐震構造で、震度6まで耐えれます(他社に耐震バスはありません)。 ・品質では日本一のユニットバスで、十分に代価に見合う品質です。■仕様決定される場合の目安に ・標準仕様   = 鋳物ホーロー浴槽断熱・パーフェクト保温・耐震構造・           ホーロー壁パネルなど十分な装備です。 ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・手すり  (後から付けれない)            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■商品デメリット ・鋳物ホーロー浴槽なので重いので戸建て2Fへの設置はオススメしません。 ・床の磁気タイルは保温力は高いですが冬場の入浴時には、  お湯をかけないと冷たいです。 ・商品素材が特殊であり耐震構造なので、他社商品と単純な価格比較ができない。 ・商品値引きが少ない(売価では他社同価格帯になる)。■比較商品 ・他の商品と価格比較はできますが、品質比較は無理です。  どのメーカーも鋳物ホーロー浴槽品質の前では性能は劣ります。 ・品質だけではなくコスト・デザインも考慮するならこの商品はパスされるでしょうね。
  • ユーノ(URBAN L...
    938,494円~(税別)
    【トクラス「ユーノ(URBAN LIFE)」について】■商品特徴(メリット) ・アメリカで約150年の歴史を誇る水栓器具ブランド「KOHLER」の水栓やシャワーヘッドを採用。 ・浴槽まるごと断熱付 ・音響スピーカー・光の演出「調色ダウンライト」が標準装備。わが家にいながらリゾート感溢れるリラックススペースを楽しめます。■仕様決定される場合の目安に ・オプション  = 追加で装備を検討するなら            ・手すり  (後から付けれない)            ・ドア   (引戸タイプに変更される方が多い)            ・浴室乾燥機(100Vタイプがオススメ)            ・浴室TV (設置されるお客様が多くなってます) ■商品デメリット ・トクラス(旧ヤマハ)のイメージはアクリル人大なので、  お風呂も同様かと思われがちですがアクリル表層のポリ人大です。  上記は、日常で使う分には影響しませんので、デメリットはありません。 ■比較商品 ・商品ページの仕様を選択すると連動して比較商品(同サイズ・同基本仕様)が  表示されますので、ご参考にして下さい。
  • プレデンシア マンショ...
    950,240円~(税別)
    【タカラスタンダード「プレデンシア マンション用」について】■商品特徴(メリット) ・特殊サイズのマンションリフォームの際に採用されるユニットバスです。  細かなサイズ変更のできる品はこの商品の最大のメリットです。 ・際立った特徴は鋳物ホーローの浴槽。 ・浴室パネルもホーローなので、お掃除が楽(金タワシで擦っても傷一つつきません)。 ・品質では日本一のユニットバスで、十分に代価に見合う品質です。■商品デメリット ・規格サイズに合う方からは選ばれないので、  特殊サイズを無駄なく広くしたい方が選ばれるのでデメリットは無いです。■比較商品 ・規格サイズの価格で販売価格を設定してますが、  この商品は特殊サイズの方(寸法が合わなくて1サイズ小さくなるのが嫌)の  マンションリフォームユニットバスですので厳密には比較商品はないです。
  • Lクラス バスルーム
    1,086,320円~(税別)
    【パナソニック「Lクラス バスルーム」について】■商品特徴(メリット) ・至れり尽くせりのラグジュアリーバス。 ・2020年2月、標準で「リゾートバブル」を搭載しました。  重厚感のある雰囲気はLクラスならでは。 ・機能がたくさん、オプションもたくさんあるので自分仕様が可能。■デメリット ・富裕層やシニア世代向けですね。 ・一般の方は「Lクラス」は見ないで「オフローラ」を検討しましょう。  上位機種の良い部分が継承されている新商品で懐にも優しいです。■比較商品 ・品質で選ぶならタカラ「プレデンシア」、クリナップ「アクリアバス」 ・アクリル浴槽で選ぶなら、タカラ「レラージュ」、パナソニック「リフォムス」 ・デザインで選ぶならリクシル「スパージュ」、TOTO「シンラ」
キッチン、バス、トイレ、水まわりに関するお問合せはこちら
営業・工務 田中
営業・工務 荒木
お客様カスタマー 田中
社長 北川